英語学習を応援するサイト「How to learn English」

topics
HOME
初心者の方へ
文法
語彙
発音
リスニング
リーディング
ライティング
スピーキング
 
 

?

 

How to improve your grammar


Don't be afraid of grammar

正しい英語を話そうと思えば、正しい英文法の知識はどうしても必要となります。

英語の文法が弱いという人は、まずは論理文法ではなく実用文法を身につけましょう。高校一年生くらいまでの英語の文法で、ほとんどの日常会話をこなすことが出来ます。その後は、イディオムなどの表現方法などを増やし、英語に絶えず触れながら、英語の表現に慣れていくようにしましょう。
まずは文法問題を解いてみることです。やり始めれば、どの文法事項が分からないかが分かります。これは学習の第一歩です。まずはここから始めましょう。
始めにどのくらいのレベルまで自分が文法を理解しているかを知る必要があります。次に自分の理解できるレベルの項目から順に文法問題を徹底的に計画的に学習していくことが大切です。
ただしく自分のレベルを把握して正しい方法で学習すればTOEICで高得点も夢ではありません。

まず基本文型で英文の構造を理解しましょう。

文法とは本来、規則的に、英語を分かりやすく説明するものです。基本的な文型を最初のうちに覚えておきましょう。基本的な文法をマスターした後は多読することなどによって、文法の規則(動詞の後にくる前置詞)が自然と分かってくるものです。

まずはSVだけでもしっかり把握しましょう。あとはほとんど修飾語となりますので、後からじっくり考えればよいのです。

次に、基本的な例文を覚えましょう。テキスト教材の中のターゲットセンテンスを暗記します。基本文がしっかり頭に入れば、あとは状況に応じて変化させ応用していきましょう。

あなたに必要な文法力は、あなたの目的に応じて決まります。

あなたの英会話の目標レベルが入門〜初級までであれば、中学三年生までの英文法で十分です。後は表現習得であり、文法を意識する必要はほとんどないはずです。あなたの英会話の目標レベルが準中級以上なら、リーディングの力も必要になるので、それ以上の文法力が必要になります。

難しく考えるよりその知識でどうすればうまく相手に伝えられるかを考えるようにしていきましょう。

効果的な学習方法

体系的に理解できるように簡単な問題集を使いましょう。
基本的な英会話文をどんどん覚えて英文法に慣れることが大切です。まずは問題集を多く解くことです。そうすれば自分にとって弱い文法箇所が浮き彫りになってきます。そこで文法書等を使ってその章をものにしていれば、短時間である程度の文法はものになります。その際、口に出して実際に言う練習も忘れずに行いましょう。

文法は「考えるもの」ではありません。例文を表現として覚えていきましょう。

例 I'm too tired to go out.
   ⇒「too〜to」が不定詞、までは理解にすぎません。
    too tired to go out.を自分の表現中に入れましょう。

check

錦糸町で口コミや評判の高い全身脱毛サロンに行くなら要チェック!

最終更新日:2017/10/17


Warning: file_get_contents(http://m200b305.f018jp0267.info/random_admin_4b/script/randlink.php): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/oysmiay3/public_html/inc/randlink.php on line 12

 

Sometimes my cat comes to me and tells me that she is hungry. Or that her leg hurts. How does my cat tell me these things? I don't speak pussy-cat language.